自分が糖尿病(改善するには、食生活の改善と運動、時には、薬物療法も必要でしょう)かどうかの検査方法って、知ってますか? 実は、自分で糖尿病かどうかを検査できる検査薬が市販されているんです。 働いている方は、会社の健康診断などを受けることができますが、健康診断がない会社や主婦などは、なかなか糖尿病の検査を受ける機会がありません。 そういった人は、糖尿病(症状を自覚できないこともありますが、死に至る合併症を発症するリスクが高くなります)の検査薬を使って、糖尿病(先進国ほどたくさんの患者がいるため、生活習慣が原因だといえるでしょう)かどうか検査することができるのです。 この糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに何らかの要因で畭常が生じることにより発症すると考えられています)の検査薬の使用方法になりますが、食後1時間〜2時間以内の尿を検査紙に付けるだけ。 取っても簡単で、手軽にできますよね。 検査紙の色が変わるので、その色と色調表を見比べて、尿に糖が出ているかをチェックします。 もし、糖が出ていたら、一度病院で診てもらいましょう。 この糖尿病の検査薬は、大体1000円前後で販売されています。 また、50枚入りなどと言ったものがあり、何度も検査できるので、定期的に検査することをお勧めします。 糖尿病は、かなり進行しないと自覚症状が出てきませんから、定期的に検査し、早期発見できるようにしましょうー