引っ越し 見積もり

MENU

引っ越しが決まった!さあ、見積もりを取るぞ!

なんて、気合を入れて見積もりを取ることはそんなにないでしょう。

 

引っ越し見積もりを半額にする裏ワザ!【5分で分かる業者選びの手引書】

引っ越しが決まったから、何となくCMでよく聞く引っ越し業者に電話して、何となく見積もりをもらって、何となく値引き交渉をしてみて、何となく安くなった料金で決める。

 

そんな儀式的な流れ作業で見積もりを取るのもいいですが、それでは納得できる見積もりは手に入れられません。

 

引っ越し料金を安くするなら、引っ越し業者の比較が必要不可欠です。

 

つまり、複数の業者に連絡をして、見積もり依頼をしなければならない、ということ。

 

でも、これが面倒。複数の業者に連絡をするということは、下記のことを毎回しなければならないからです。

 

引っ越し,見積もり 引っ越しに関する情報を毎回伝えなければならない

 

当然ですが、A社に伝えた情報がB社に共有されることはありません。
そのため、毎回、荷物の量や引っ越しをする人数、希望する日時などを伝える必要があります。

 

引っ越し,見積もり 営業トークをかわさなければいけない

 

当然、引っ越し業者も自分のところで引っ越しをしてもらいたいので、営業してきます。
決まり文句は「いま決めて頂けたら○○円にお値引きします!」

 

このチャンスを逃したら・・・という心理が働いたら、もう比較どころではありません。

 

引っ越し見積もりを半額にする裏ワザ!【5分で分かる業者選びの手引書】

1回の電話だけでも意外と神経は使うし、手間も掛かります。

 

そんな中、営業トークが加われば、もういいやってなってしまいますよね。

 

営業トークは業者によりますが、中には上から目線で金額を提示してくる業者もあります。

 

例えば・・・

  • この時期、この値段より安くできる業者なんて他にいないですよ?
  • 早く決めていただかないと、どんどん空いてる日が埋まってしまいますが、大丈夫ですか?
  • 今すぐ決断していただければこの料金でやらせていただきますが、後日改めてでしたら、無理ですね。

 

再度念押ししておくと、どう営業してくるかは引っ越し業者によって異なりますが、このように上から目線というか、半ば脅しのような営業をしてくるケースも実際にあります。

 

事前に引っ越し業者の口コミをチェックしたい場合は、下記のページが参考になります。

 

【参考】全国の引っ越し業者一覧【2016年最新口コミ・評判あり!】

 

提示された料金が実際に他の引っ越し業者よりも安いのであればまったく問題ないのですが、本当に安いかどうかは料金を見比べてみないことには判断ができません。

 

しかし、先ほど紹介したようなゴリゴリの営業トークに負けてしまい、まったく比較しないで1社目で決めてしまうなんてことも・・・

 

そうならないためにはどうしたらいいでしょう?

 

今からその方法を伝授します。

 

引っ越し業者はまとめて呼んでしまえ!

引っ越し見積もりを半額にする裏ワザ!【5分で分かる業者選びの手引書】

いきなり結論になりますが、引っ越し料金を安くするコツは、同じ時間に複数の引っ越し業者をまとめて呼んでしまうことです!

 

同じ時間に複数の業者を一度に呼んでしまえば、「この料金が他社よりも一番安いですよ!」といったようにかまをかけられることはなくなりますし、何よりその場で業者同士が値引き競争をしてくれます。

 

と言ってしまえば物凄くシンプルな話に聞こえるかもしれませんが、この行為を業者側はかなり嫌います。

 

考えてみれば当たり前です。誰が好き好んで他社と同席して顧客と交渉したがりますか!という話です。

 

しかし、それは引っ越し業者側の都合。あなたが考えるべきことはいかに安く、いかにいい引っ越しをしてくれる業者を見つけるかだけです。他社と競り合うのはイヤなので時間をずらしてほしい・・・なんて言葉を真に受ける必要はありません。

 

引っ越し業者をまとめて呼びたい場合は来てほしい時間をあらかじめ決め、業者から連絡があった際に、同じ時間を伝えるようにしましょう。

 

賢いお客はしっかりと料金比較することを引っ越し業者も知っているので、「他社さんも一緒に呼ばれていませんよね?」と確認してくることもあります。

 

聞かれたら変な気づかいはせず、「その場で一番安い業者さんに決めたいので、他社も同じ時間に呼んでいます」とハッキリと伝えましょう。

 

ここで、「それならウチは遠慮させてもらいます」という業者もいますが、その業者にお願いしたいからそれは困る! ということがない限り、無理に引き止める必要はありません。去る者を追わず、他の業者に依頼すればいいだけです。

 

ただし、繁忙期(2〜4月)は譲歩することも頭に入れておきましょう。こちらの無理を押し通し続けた結果、そもそも請け負ってくれる業者がいなくなった・・・なんてことになっては元も子もありませんので。

 

このように複数の業者を呼んで値引き競争をしてもらう方法は非常に効果的ですが、わざわざ1社ずつ連絡するのはめんどうですよね。

 

そこで便利なのが引っ越し業者の一括見積もりサービスです。

 

引っ越し見積もりを半額にする裏ワザ!【5分で分かる業者選びの手引書】

インターネットで見積もり依頼が完結
必要な引っ越し情報を一度入力するだけで複数の業者に送られる
わずか5分程度で完了

 

たったこれだけで、条件に合った引っ越し業者、最大10社に見積もり依頼が出来ます。もちろん、無料で利用することが出来ます。

 

あとは引っ越し業者からの連絡を待ち、一番安い業者に決めればいいだけです。

 

引っ越し見積もりを半額にする裏ワザ!【5分で分かる業者選びの手引書】

引っ越し見積もりを半額にする裏ワザ!【5分で分かる業者選びの手引書】

紹介件数1,890万件と業界随一の多さを誇る一括見積もりサービス。
条件に合った引っ越し業者、最大10社に見積もり依頼が出来ます。

  • 提携業者数:200社以上
  • 依頼業者数:最大10社
  • 主要登録業者

    サカイ引越センター、アート引越センター、アリさんマークの引越社、日通、アーク引越センター

引っ越し,見積もり

 

まとめて呼ぶなんて胃がキリキリする・・・そんなあなたが取るべき戦略

引っ越し見積もりを半額にする裏ワザ!【5分で分かる業者選びの手引書】

先ほど、引っ越し業者はまとめて呼んでしまいましょう! と書きましたが、複数の業者を一度に呼ぶのは度胸がいる・・・という方もいると思います。

 

そんなあなたは、各業者を呼ぶ時間を少しずつずらして呼ぶことをオススメします。

 

とは言え、何の準備もなく1社だけ呼んだら、相手に言いくるめられて高い料金で引っ越しをすることになりかねません。

 

そうならないように、相手より優位に立って交渉できるコツを伝授します!

 

他社にも見積もり依頼をしているとハッキリと伝える

 

一括見積もりサービスを使えば相手にそれが伝わりますし、その時点で各引っ越し業者に競合他社がいることは伝わりますが、だからといっていきなり値引きを前提に話をしてくることはありません。

 

そのため、改めてあなたの口から競合他社がいるということをハッキリと伝えるようにしましょう。

 

それでも最初に来る業者はその場で自社に決めてもらうように、色々な手を使って仕掛けてきます。

 

もちろん、その流れで値引きしてくることもありますが、この段階ではまだ相手は余力を持っています。

 

引っ越しの予算を伝える

 

競合他社の存在はもちろんですが、予算が限られていると伝えるのもかなり有効的です。引っ越し業者も払えない金額を提示したところで契約してもらえないのは当然分かっているので、値引きを頑張ります。というか、元々定められているであろうギリギリのラインまで下げてきます。

 

ここでポイントとなるのが、本当の予算を伝えないことです。例えば、10万円までだったら許容範囲であれば、5万円とか言ってみましょう。

 

ここで相手は面喰いますが、いきなり「その金額だと無理なので、いいです」とは言ってきません。相手だって契約を取りたいわけですから。

 

念のため補足しておくと、引っ越しの料金は荷物の量や距離などで変わってくるので、単純に予算の半分を言いましょうということではありません。この辺はさじ加減です。

 

でも、本当にそんな上手くいくの? と疑う気持ちはあるかと思いますが、実際にこの方法で見積もり金額を最初の半額まで落とした猛者がいるぐらいなので、騙されたと思ってやってみてください。

 

ちなみに、この体験談を書いた方は、最初は16万円、値引き交渉したら12万円、そして予算を伝えたら結局8万円(保険料などを入れると85,000円程度)になったそうです。

 

どんな流れでそんな値引きを成功させたのかはこちらで確認できます。今ひとつどうやっていいかイメージできないという方も一度目を通してみることをオススメします。

 

【オススメ!参考になります!】その引越し見積もりちょっと待て!引っ越しのサカイ一択の業者選びは危険かも

 

値引きの仕方が分かったところで、早速引っ越しの見積もりを取りましょう!

 

引っ越し,見積もり

 

一人で引越しなら単身パックがお得?

家族の引っ越しの場合は引越し価格ガイドで見積もりを取ってしまえばいいのですが、単身引っ越しの場合はHOME’Sを利用することをオススメします。

 

どうしてHOME’Sがいいの?

 

一括見積もりなら、どこでも同じじゃないの? と思ったかもしれませんが、ちょっと待ってください!

 

実は、HOME’Sには、単身引越しなら必ず比較対象に入れたい赤帽引越しが唯一登録されているのです。

 

引っ越し見積もりを半額にする裏ワザ!【5分で分かる業者選びの手引書】

※赤帽はフランチャイズのため、業者によって名称が異なります。

 

赤帽は大手のように大きなトラックではなく、軽トラックとなるのでベッドやピアノなど、大きすぎる荷物は運べません。そのため、赤帽+他社の大型家具家電輸送サービスを使うといったことが必要になる場合があります。

 

そのため、全体的にかかる料金によっては赤帽は利用せず、他社を利用するといった選択肢ももちろん出てきますが、この判断をするには、赤帽を含めて複数の引っ越し業者から見積もりを取る必要があります。

 

ちなみに、ベッドの場合、シングルでも送料に2、3万円掛かるのが相場なので、よほど気に入っていたり、高価なベッドではない限り、引っ越し前に処分をして、引っ越し先で新しいベッドを買うのがベストです。

 

この辺を踏まえて、一括見積もりをしてみることをオススメします。

 

引っ越し,見積もり